バイリンガルに育てたいママのバイリンガル子育て 英語子育て 子ども英会話 親子留学 子どもオンライン英会話

管理人のblackberryと申します。私の子どもの英語教育をしていくうえで参考になったことなどをまとめてみました。これからは、絶対に英語ができたほうが進学就職に有利になりますので、楽しく英語を学んで子どもたちに明るい未来をプレゼントしたいですね。バイリンガル子育て・英語子育て一緒にやりましょう!息子は4年生で英検2級に合格しました。

バイリンガル子育て 英語子育て 子どもオンライン英会話の重要性


バイリンガル教育・英語教育、まず、小学校における英語教育はどうなっているのか

公立小学校の例で見てみましょう。




2008年度に小学5,6年生を対象に外国語活動として小学校の英語教育は始まりました。

2011年度に「小学5年生から必修」となり、今では、小学校での英語教育はすっかり浸透しています。
私の子どもの学校では、4年生から1ヶ月に1時間、外国語の授業がありネイティブの先生によるレッスンが有ります。
5年生からは、週に1時間、中学校の英語の先生が来てレッスンをしてくれています。テキストも配られています。


この流れはさらに低学年化されることになります。
「小学3年生からの必修化」
「小学5年生からの教科化」
が2020年度に完全実施されます。

今は、移行期間と考えると、学校によっては2018年度から段階的に実施されるはずです。
このような英語教育の早期化は、日本の英語教育に、または、日本人の英語力にどのような影響をもたらすのでしょうか。

この流れの中でも、全員が英語を話せるようになることは正直考えられませんが、それぞれのご家庭で、それぞれの学校での取り組みは、どんどん加速していっているように思います。今、本当に注目されているバイリンガル子育て、英語子育て、子どもオンライン英会話です。

かわいい子供のことを考えると、将来、必要なのはわかっている
バイリンガル子育て 英語子育て 子どもオンライン英会話の必要性






英語が出世に影響を・・・
「TOEICのスコアが届かずに毎年昇進できずにいる」

近年、昇進の条件にTOEIC テストを課す企業が増えている。国際ビジネスコミュニケーション協会の「2013年上場企業における英語活用実態調査」によると上場企業のうち、昇進・昇格の要件にしているのは15,8%。今はしていないが「将来はそうする可能性がある」は45.2%と半数近くに上る。英語が出世の必須条件になる時代が迫ってきています。

昇進ができないということは、
昇給も難しいということにほかなりません。
英語ができると昇進しやすかったり転職しやすいので年収の差に直結します。一節には、TOEICスコアが800点台の人の年収は546万円で、TOEIC未経験や点数が低い人の場合とくらべて120万円以上の差がつくことがわかっています。



それでも、バイリンガル子育て・英語子育て・子どもオンライン英会話なんてうちには関係ないわと言えるでしょうか。




  私たちママは、子どもの興味や世界を
  広げてあげたいって思いますよね




英語が得意になったら進学・就職に直結するとわかっているのですから、せっかく子どもが小さい今、英語がお勉強になってしまわない今、始めることを強くおすすめします。<
英語が嫌いになる年齢のトップが中学1年生です。英語がお勉強になっていく年齢ですよね。小学校で楽しく英語を学ぶをコンセプトでやっているのに中学生になって急にお勉強になっていくからではないかしらって思います。



  小さい頃から英語に慣れ親しみ、
  勉強になってもわかるって思えたら英語に対してポジティブに
  進んでいけるともいます。
  そういうふうなバイリンガル子育て・英語子育てを
  目指して頑張りましょう。

最初の一歩をどうするのか?
英語嫌いにさせないために何から始める??



バイリンガル子育て・英語子育て・子どもオンライン英会話、どんなふうに始めますか??

まずは、英語のCDのかけ流しですね・・・
小さい頃からの
バイリンガル子育て・英語子育ての基本といえるのは
耳から英語をきくということです。

特別ではなくて拍子抜けしたかもしれませんが、0歳の子はほとんどお家の中で過ごしますし、寝ていることが多いですよね。
幼児教育で有名な七田教育では、寝入ってから15分位は耳が聞こえていて頭に記憶されると聞いたことがあります。

なので、CDのかけ流しは有効といえます。
七田の英語教材のパルキッズはうちでもずっとかけ流しをしていました。1日の中で90分かけ流すだけで良いということ。

ちなみに、どうして90分かというと。。。

ママが赤ちゃんに話しかけている時間はだいたい凝縮すると90分だというのです。一日中、起きている間中話しかけてるわけではないですよね。


 DVDを一緒に見ましょう。
   色んな所から教材が出ていますし、NHK の教育番組でも
   英語の番組が放送されていますね。
   大事なのは、子どもと一緒に見ることかなと思います。
   赤ちゃんはママが大好きなので、ママの声でDVDに合わせて一緒に歌ったり
   英語の発音を一緒にしたりすると興味をもつものです。
   ママの声のほうが頭に残りやすいのです。




  子どもオンライン英会話の活用
  これは、強くおすすめなのですが、
  DVDも優れた教材だと思いますが、子どもオンライン英会話は、パソコンの向こうですが
  外国人の講師がこちらに直接話しかけてくるので、
  
  よい刺激になるともいます。特に小さい子供にはキッ  ズ専門のオンライン英会話がおすすめです。
  パペットを使ったレッスンや、ママ講師も在籍していたりします。


  その時でも、ママが一緒にレッスンを受ける
  よにしましょう。
  子どもがぐずっても、泣き出しても、
  レッスンにならなくても、ママ講師やキッズ英会話を教えた経験がある講師なら
  安心ですよね。そして、英語が心地よくて寝ちゃっても、ママ講師ならわかってくれます!
  これってママの精神衛生的にも大きいですよね。




ココがママ目線→子どもオンライン英会話のページヘ

 

サイトマップ